庄司名倉堂について

院長 ごあいさつ

日常の仕事や家事、育児、スポーツなどにより体に負担をかけていませんか?
最初は少し調子が悪いかなと思うくらいでも、それらが積み重なると急激な痛みの原因となってしまいます。

庄司名倉堂接骨院では、『問診(インフォームド・コンセント)』→『治療(症状改善)』→『維持・予防(日常のメンテナンス)』の流れを重要と考え、皆様の体の痛みや不調の原因を根本から治療し、改善後のセルフケアのアドバイスまでしっかり行います。

皆様の日常生活やスポーツの現場で少しでもお役に立てるよう全力を尽くしますので、お気軽にご相談ください。

院長 紹介

photo 氏名 庄司 明 (しょうじ あきら)
出身地 東京都
生年月日 昭和42年 8月28日
血液型 O型
最終学歴 日本柔整専門学校
資格取得 平成2年7月
所属接骨師会 社団法人 東京都柔道整復師会
開院 平成7年7月12日
入所院歴 松原名倉堂接骨院
小川名倉堂接骨院
淵野辺接骨院

診療方針

当院では痛みや不調の原因を根本から追究し治療します。
また、痛みや不調のある場所だけではなく、全身の骨格のバランスや柔軟性、筋力なども重要です。
一人一人に合ったオリジナルの治療方法で改善していきます。
そして、改善後のセルフケアも大切です。簡単なセルフストレッチや筋力トレーニングなども患者様の状態に合わせてご提案いたします。